2004年10月06日

「ひぐらしのなく頃に」

ひぐらし

文明から孤立した過疎の村で起こるタタリ。

某カレー好き代行者とよく似た先生が居て、某並行思考魔術師みたいな名前のキャラも居る。

とくれば犯人は「ワラキアの夜」。

実は「ひぐらしのなく頃に」は「メルティ・ブラッド」の二次創作だったのだよっ!

なんだってーっ!

ここから続き

というのは冗談として。

いろいろとサイトの考察等を見ていて思ったのですけれども、最近の人は潔癖だなあ・・・と思いました。

上で書いたように、殆どそのまんまな感じで知恵先生というキャラクターが登場するのですが、それに関しまして否定的な意見が多い。や、否定的というかやりすぎという意見と表現したほうが正確かな。

まあ、最近は某音楽著作権協会みたくな団体もおりますので、過敏になってしまっておるのも分からんでもないのです。けれども、あきらかに楽屋落ち担当で、見た瞬間に出展が分かり、元ネタを不当に中傷する様なことがない限りにおいては、目くじらを立てるほどのことでもないだろうと思いますですよ。

これで、「本気でメルブラの二次創作だった」とか、「知恵先生が重要な役どころとして真相に迫るのに欠かせないキャラだった」とかですと、「流石にそれはないだろう」とわたくしも思いますが。

投稿者 sera : 2004年10月06日 08:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





Recent Entries

Archives

Recent Comments

Recent TrackBacks