2006年07月04日

仮面のアクトレス

マリアさまがみてる 仮面のアクトレス。

巻が進むにつれて、志摩子がどんどん不思議ちゃんになっている気がする。

志摩子に限らず、作者の人は何かキャラクターを見失っているというか、なんかすべてのキャラクターに対して、違和感がある感じ。

よく「キャラクターが勝手に動き出す」なんていうけれども、そういう存在感があまり感じられない感じがしました。

作者の人、楽しんで書いてるのかなあ。

投稿者 sera : 2006年07月04日 00:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





Recent Entries

Archives

Recent Comments

Recent TrackBacks