2007年03月27日

あ、あいぼんさん・・・。

asahi.com:「モーニング娘。」元メンバー、復帰断念 - 文化芸能

070327.jpg


あ、あいぼんさん。
先日、写真週刊誌に「事務所でお茶汲みやってます」なんて記事が載っておったので、「復帰も時間の問題だなあと」期待しておったのですけれども、なんということですか!

やはりタバコは百害あって一利なし、ですよ。


しかし平家さん(現 みちよ)の結婚(および妊娠)報告に被せる形でこれですか・・・。
狙い済ましたようだ。

Posted by sera : 00:56 | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年03月25日

コードギアスからカレン

コードギアス カレン

人体のバランスがちっとも取れなくて、このくらいのもの描くのに、2時間近くかかってしまいました・・・。やっぱり、あんまり絵を描いてないので感覚が鈍っています。

もっと描かないとなあ。

Posted by sera : 01:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年03月15日

春日野さんお誕生日。

ストリートファイターZERO2 春日野さくら

春日野さくら。

Posted by sera : 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年03月10日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1

High-School of the dead

日高君のところで、興味を持ったので購入してみました。結論から云うと、
「一巻は微妙だけどでも続巻には期待できる」という印象で御座いました。

日高君は「ゾンビ映画ファンが見たかった漫画」と評しておりましたが、まさに彼が誉めている要素こそがわたくしにとって、「微妙」という印象をもたらせた要素でした。

第一話は、ロメロのZOMBIEをそのまま学校という舞台で行っただけのもので、まさにダイジェスト版。しかもキャラ設計は類型的なオタ漫画のそれです。

ゾンビ映画ファンとしては、様々な部分で「そうそう! それそれ! ゾンビ映画ならそうこなくちゃ!」と膝を打つシーンも多いですし、(正直なところ、わたくしにとっては「引く」キャラクタア設計ではあるのですが、)キャラクタアも非常にキャッチーです。

その「引く」キャラクタア設計と同じ思想で、第一話はキャッチーに構成されています。それこそテンプレをなぞるように。そんな印象を持った第一話でした。

ただし、その「キャッチーな部分」を第一巻の大部分で行ったこと自体が、意図的なものにも見えます。とにかく一巻はキャッチーにキャッチーに作って、続く二巻でぐっとつかんで見せよう。そんな作者の思いがあるような気がします。二カ月連続刊行なのは、そのためなんじゃないでしょうか。

なんといいますか、通常新しく買った漫画があまり面白くないと残念な気分になるものですが、という感じで、何か一巻はテクニカルなものを感じました。

とにかく、二巻がどのような物になっておるのか、期待したいと思います。

余談ですが以前、表紙買いしたある別の作品はこのHIGH-SCHOOL OF THE DEADとは全く逆で、「一巻はすごい面白いけれども、多分、続刊するほど面白くなくなるなあ」と直感したのですけれども、案の定つまんなくなっております。


学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 (1)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 (1)
  • 発売元: 富士見書房
  • おすすめ度 3.5

Posted by sera : 21:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

Recent Entries

Archives

Recent Comments

Recent TrackBacks