2007年09月04日

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 :序

ヱヴァンゲリヲン 碇シンジ 綾波レイ 葛城ミサト

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 :序」、見てまいりました。

正直なところ、観賞前は基本的には旧作のリファインだと聞いておりましたので、総集編をみに行くくらいの感覚でございました。

ですが! 冒頭の「赤い色彩のシーン」で、「ああ、これは旧作をすべて認めたうえで、新たに描き出されるヱヴァンゲリヲンが始まるんだ。総集編なんかじゃない」と直感いたしました。

端的に申し上げますと、今回のこれは「ヱヴァンゲリヲンのなく頃に 解 祭囃子編」ってことでいいんですかね。

うん。やっぱり10年以上経っても、庵野秀明のエヴァンゲリオンをずっと好きでいたわたくしと致しましては、送り手受けてともに本心から「おめでとう」と云える様な「祭囃子編」の完成を願いたいと思います。

だから、皆さんあんまり庵野さんをいじめないで下さいね。途中で「皆殺し編」に分岐しちゃうから。


という感じで、テーマ的な部分での感想はこの辺にしまして、改めて思ったのは本当に画面レイアウトに隙がないなあというところ。すべてのカットに無駄な空間がない感じ。気持ちのいい「構図」ってのはこう作るんだ!という製作者の想いが伝わってきます。
そして、同じようにアクションシーンでのタイミングの取り方も絶妙。ただただ恍惚としてしまいます。

非好意的な感想として「テレビとかわんないからわざわざ見に行くこともない」みたくな言も聞き及びますが、そのアクションの魅力を余すところなく爆発させた、後半のヤシマ作戦部分だけを見に行ったとしても、入場料の元は取れるとわたくしは思います。

あと、ミサトさんの声が少し低くなっていて、いい女度がアップしていたように感じました。


んで、逆に残念だったなあ的なところとしては、静のシーンでの「間」が全体的に無かった事。全体的にちょっと急ぎ足な感じでございました。

あと、音楽が旧作の印象があまり残っていない曲が多かった。「このシーンではこの曲が来る」みたくなものがすでに刷り込みのように焼きついているわたくし的には、なんかこう、がっかり感が。なまじ映像部分は基本的に旧作のリファインなので、余計に音楽だけ違うのが気になるといいますか。

で、最大の問題点はおそらく公開ペースが年1本より長いペースになるんだろうなということです。下手したら完結の頃には40歳過ぎてるんじゃないかという恐怖感が。


ああ、思い出したらまた見たくなってまいりました。
まだ、導入部ということもあって、例の暗鬱とした展開はほとんどないので、ヤシマ作戦を見に行くくらいの気持ちで、迷っている人は見に行くといいと思いますよ。

そして、できれば、スタッフが今度のエヴァで何を描こうとしてるのか、感じながらスクリーンに向かってください。

投稿者 sera : 2007年09月04日 00:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





Recent Entries

Archives

Recent Comments

Recent TrackBacks