2002年09月29日

送別会

バイト先の一人が今月一杯で辞めることになりまして、店長の発案で本日は彼の送別会を行うことになっておったのですけれども、なんか突然店長から携帯メイルが届いておりまして、「仕事に出なきゃ行けなくなったから幹事宜しく」との事。

 「ぐわー。誰が来るのかも知らないっつーのに。幹事なんか務まるかーっ!」とか思ったり思わなかったりしたりして。

 や、とりあえず適当にこなしましたが。

投稿者 sera : 08:04 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月28日

UH+3

えー、某カメラ量販店の貯まったポイントで宇多田ヒカルのPV集「UH+3」を購入してまいりました。

 「UH+3」は一作ごとにメイキングがあってPVがあってという構成で収録されておったのですけれども、出来ればPVが先でメイキングが後か、もしくはPVだけを続けて再生されるモードを収録しておいて欲しかったですね。

 本編の前にメイキングがあると、余計な予断が入ってしまうから嫌で。
 監督の「ココはこうゆう意図で云々」なんて話を先に聞かされてしまっては、どう転んだってその言質に引っ張られてしまうわけで。
 「UH+3」の製作スタンスがメイキングを見せることを第一としておるのだったなら話は別ですけれども。

 まあ、娘。に比べて金かけてるなあというのが一番の感想。あっちの事務所ももっと真摯に儲けた金を作品に還元して欲しいなあと思ったり思わなかったり思ったり。

投稿者 sera : 08:12 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月26日

プレイステイション(1のほう)

先日、知人にプレイステイション(1のほう)本体をいただきまして、まあ、そんなわけなので、以前からプレイステイションを手に入れたらプレイすると、これまたとある知人に公言しておったガンパレードマーチなるゲームを手に入れてまいりました。

 とりあえず、分厚いマニュアルを一所懸命に読みまして一回目プレーイしてみましたが、なんか部隊が結成されまして志魂号なるロボットが配備されて翌日に熊本城決戦とかゆうのが始まって、満身創痍の三戦目で玉砕致しました。

 結果はどう在れ、ゲーム内で三ヶ月過ごせば終了らしいので、せめてゲームオーバー以外のエンディングが見たく存じます。

投稿者 sera : 08:06 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月20日

タグ入力支援型のテキストエディタ

サイトのデザインを再構築しようかなあとおもいまして、先月辺りからいろいろ弄くり倒してるんですけれども、なんかしっくりきません。

 ウィズシグ系のサイト作成ツールなども幾つか試してみたりもしたのですけれども、タグの意味合いよりも見栄えを優先するだけのタグ選択が、やはり今までテキストエディタで直接ソースを書いてサイトを作ってきたわたくしには少々気持ちが悪う御座いました。

 それにしてもタグ入力支援型のテキストエディタくらいは使ったほうが良さそうなんですけれども、いちいちマウスでタグ指定してキーボードで本文入力してとかするよりかは、辞書にタグを覚えさせちまったほうが、入力効率良さそうだなあと思ってみたり。タグ部分と本文部分が色分けされたりとか便利な面も多いんですがね。

 まあ、どちらにしてもいろいろと便利な側面も御座いますれば、上手く併用していければ良いのですが。

 とりあえず、予告。
 現在がんばってスタイルシートの勉強をしております。といわけで次回デザインのサイトはCSSスタイルシートでのデザインがメインになるかと思います。
 というわけで、一部ブラウザのユーザーさんはデザイン的な面で切り捨ててしまうことになるかと思いますけれども、まあ、デザインがわたくしの意図した通りにならないだけで、アクセシビリティにはさほど問題も出ないと思いますので。

 本当は9月更新分のこの日記から、新デザインで行きたいなと思っておったので、日記の更新をやめておったのですけれども、現在、まだ土台と言える状態すら出来あがっておらず、9月中の再構築は無理っぽいというか無理なので、現行のまま更新することに。
 とかいって、結局このままのデザインで続行したりする可能性も少なくないわけで。

 斑鳩は縦置きモニタが非常に欲しいです。

投稿者 sera : 07:32 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月19日

「きっと大丈夫」

 被害者の家族が集まって、「きっと大丈夫」なんて言い続けて何十年も経つと本当に大丈夫な気になってしまうんだろうなあ。
 どう考えたって、あの状況で「大丈夫」であるわけが無く、4人も生存しておるらしいことに驚きましたが。絶対、全滅だと思ってた。

 さらに、情報を隠していたと大騒ぎしておりますが、彼の国は国交が異常な国であり、わが国がそのように設定しておるかは知りませんが、仮想敵国に設定されておっても不思議ではない国であるわけで、そのような国との国交回復についての会議が目前に迫っておるときに、もっとも重要な外交カードの一つである情報を一般に公開せずに居ると言うのは特別責めるべきことでもなく、当然のことではないかと思います。
 どう考えたって、会談直前と言うあのタイミングであんな情報を公開したら、世論が大沸騰するのは目に見えておるわけで。そうなれば世論を無視して調印というわけにも流石に行かなくなる。

 これが、会談終了後半年も一年もしてから出てきたと言うのであれば問題でしょうが、数日で家族の方々に伝えられたのであれば、さほどの問題でもないでしょう。

 や、マスコミがどのような理由で在れ、情報を公開しなかった国家に対して意義を唱えることも重要なことでもあるのですが。どうも感情論優先のそれには何か疑問をはさまずにはいられません。っていうか、被害者家族を出しすぎ。現在ヒステリー状態に陥っている彼らをやたらと登場させるのは国民の冷静な思考を阻害する。

 ついついわたくしも「あんな国、無理して国交回復したところでわが国に何のメリットがあるのだ」などと思ってしまいますが、やはりABCD包囲網などでにっちもさっちも行かなくなって、無謀なだけの開戦に踏み切った過去を持つ我が国の国民としては、彼の国が窮鼠猫を噛む事にならぬようにしてやることも、翻って我が国の国益となることを忘れてはいけないでしょうし。

 国交が正常化されれば、それこそいままでのように、国土の上空をミサイルが横切ったり、不審船騒ぎ、拉致事件などもなくなっていくでしょう。
 確かに、既に被害に遭われた方の問題も重要ですが、これから新たに被害に遭うかもしれないという事の方が重要であると云わねばならぬでしょうし。

 但し、彼の国は我が国が無条件に譲歩して国交を正常化したところで、親愛なる友人として手を組むには、まだまだ不信感が高すぎます。
 本当なら彼の国の現政権の解体を条件にしたいところですが、なかなかそれも難しいでしょうね。

 斑鳩はセーブデータが壊れました。
 既にイージーでさえ三面ボスを越えられないわたくしにはプレイ時間での隠し要素オープンしか希望が持てなくなってきておるというのに。

投稿者 sera : 07:33 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月15日

今日の作画は酷かった

どうも、最近、アニメオタク系コミュニティのサイトを見て、今日の作画は酷かったみたくな記述を見るに付け、エヴァンゲリオン以来すっかりテレビアニメを見なくなり、最後に積極的に見ていたアニメがおはスタの「ミニモニ。やるのだぴょん!」だったわたくしにはこのくらいの絵でも作画が酷いと云われるようになったのだなあと思われた。

「天空戦記シュラト」や「ふしぎの海のナディア」のいわゆる島編と言われる一連の地獄作画を経験してきたわたくしには、今、彼らが「酷い」と言ってる作画レベルは偏差値で云ったら48前後の平均よりも一寸下くらいに見えます。
だから、キャプチャーされた画面を見ても、テレビアニメの標準的作画レベルなんじゃないの?と思ってしまいますが、彼らが口を揃えて「酷い」と言うわけであるから、きっと今の基準では40よりも下のレベルで在るんでしょう。

 別に嫌味とかそうゆう意味でなく、視聴者にとっては幸せな時代なんだなあと思いました。製作者にとっては大変でしょうが。

 斑鳩は、三面のボスが縦縮小画面モードでは画面が小さすぎて越えられる気がしないので、我が家での斑鳩は横スクロールシューティングになりました。

投稿者 sera : 07:36 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月12日

夏場は多少熱があっても気付かない罠

先週から体調が芳しくありませんでしたのですけれども、月曜日の仕事中に吐いてしまったのと、せきが一週間続いていることも有りまして、流石に気になるので病院に行って参りまして、一週間分の薬を貰ってきました。

病院で熱を測ったら微熱がありまして、なんか最近暑いなと思っていたら、身体が熱かっただけと判明。夏場は多少熱があっても気付かない罠。

検査の待ち時間が一時間ほど有ったので、近所のコンビニで「まんがタイムきらら」という4コマ漫画雑誌を購入したのですけれども、なんか全体的に「美少女系エロ漫画誌は必ず一本か二本程載ってるエロく無い漫画」を集めたような雑誌でした。

斑鳩は二面のボスでコンティニューが尽きる感じ。

投稿者 sera : 07:40 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月07日

456ゥの人形

先日、NSNのKUMA師匠がSAK2の456ゥの人形が本日発売であるという事をNSNのBBSで教えてくれたので、またもや行って参りました東急ハンズ横浜店。

前回のTシャツの際にもそれなりの人数が並んでおったので、開店数十分前と早目に付くように出かけたのですけれども、そこにはとんでもない行列が御座いまして、少々、途方にくれてしまいましたが、なんとか一時間半程並びまして、無事、獲得。

なんか凄い出来がよいですよ、これは。実際のサイズよりは二廻りほど小さいようですけれども、後ろから手を入れることも出来ますし、あとはボイスチェンジャーさえあれば、いつでもSAK2ごっこが可能です。

まあ、あかぎあいが居ないと言う大問題が御座いますが。

で、帰りにカメラ量販店によりまして、DCの斑鳩を購入し帰宅。あまり今週の頭から体調が芳しくないので、さっさと寝ることにしました。

投稿者 sera : 07:44 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年09月01日

コスプレ系の喫茶店

えー、本日は夕方からナイトスターのオフの予定があるのですけれども、創作系同人誌即売会のコミティアもあるのでどうしようかなーと思っておりましたら、早朝、同じNSNメンバーである男マンから「コミティアどうしようか?」と連絡が入りましたので、少々の協議の後、軽くティアに行ってからオフに合流することに決定。

1040KAさんもティアにくるというので、駅前のドーナツ屋で合流しまして「1040KAさんはこのあとのオフには来んの?」と訊ねましたら、「初耳だよ」との返答。

何故ゆえに男マンは当人もNSNのオフに行く予定があるのに、NSN外部メンバーとも言うべき1040KAさんに今日オフが在る事を一緒に伝えないのか疑問ですが、まあ、そんな疑問を抱きつつもそのあたりは「男マンだから」ということであっさりと忘れ去りまして、コミティアです。

本日は何やら通常のコミティアとコミティアXと言う特殊イベントの併設開催で御座いまして、いつも以上に美術系専門学校の文化祭みたくな雰囲気のイベントになっており、キャットファイトとヌンチャク演舞をコミティアに行って見てくるという異常事態はちょっと面白くも有りました。

次にコミティアXが開催される際も是非顔を出したいですね。

で、NSNのオフ。

シスオペのあぴさんが我々の合流を今か今かと待ち構えておるはずですので、コミティアXでのヌンチャク演舞が終わるなり秋葉原に直行です。

コースター

なにやら秋葉原にまたコスプレ系の喫茶店が出来たとかで、そちらに行って来ました。

その店舗は電気街からはちょっと外れたところにありまして、きちんと地図などを調べていかないと微妙に探索範囲から外れてしまいそうな場所にありましたが、店舗の有るビルから入店待ちの皆様が10人ほど列を作っており、それなりの盛況のようでございました。

程なく致しますと、眼鏡に長い髪を後ろで束ねた感じのメイドさんが、入店待ちのグループの人数を確認に来まして、さらに30分程で無事入店。

ピンクが基調の店内に、メイドの衣装を着たウェイトレスが3人。先ほどの眼鏡の女性、声優アイドルみたくな雰囲気の女性に、ちょっとお姐さん系入った女性でした。まあ、みんなそれなりに可愛い方たちだったと思いますよ。わたくしは壁に向かう側の席に陣取ってしまったために、注文した料理が届いた頃にはすっかり普通の喫茶店で休憩してる気分になっておったので、そんなに詳しく観察していたわけでは有りませんが。

名刺

そちらの模様は是非ともあぴさんのレポートをお読みくださいませ。

あぴさんを「だし」に馬鹿話をしながらまったりしておりますと、先程までメイド服であった筈のウェイトレスの皆様が、思い思いのキャラのコスプレに衣装換えしておりまして、なんでもこの店では18時まではメイドタイムで18時からはコスプレタイムなのだそうです。

ということは我々のように18時跨ぎで来店すれば一粒で二度おいしいというわけですな。正直に言いますと、個人的にはこうゆうところよりアンミラの方が好きだったりします。どうしても文化祭の喫茶店の出し物的な印象は拭えないし。

で、話題も尽きたので、退店しまして電気街を軽く散策し、駅前のチェーン系居酒屋でまたもや放置プレイをされ、22時前に解散致しました。

投稿者 sera : 07:46 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月27日

G-FORTのスタイラスが全く反応しやがらなくなりました

むう、G-FORTのスタイラスが全く反応しやがらなくなりました。コミケ前後からスタイラスの反応がおかしくなってきたなあとは思っておったのですが。

まあ、本体のボタンを駆使すれば、PDAの本分であるスケジュール帖やアドレス帖としての機能は使えるのですけれども、基本的にこの手の機械はスタイラスで操作する設計になっており、このままでは能力の半分も出せないわけです。

というわけで、この手のPDAの調子が悪いときは工場出荷時の状態に戻すフルリセットしかなかろうとフルリセット掛けましたら、いきなりスタイラスの調整画面で、スタイラスを調整しないと先に進めない訳ですけれども、これが困ったことに相変わらず全くの無反応で、今現在、私のG-FORTは電源のオン、オフ以外の操作を受け付けず、尚且つ表示される画面はスタイラスの設定画面という感極まった状態であるので、近々、Docomoのショップに行って修理依頼をして来ようかと思います。

特別なことはしてないので保証は聞くと思うんですが、二万以上かかるようなら・・・って感じ。

投稿者 sera : 21:42 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月26日

あざらし

なにやら世間を騒がせていったあざらしが我が家の目と鼻の先に出没しはじめた模様。

近所の餓鬼が甲高い声で「たまちゃん見に行こう!」とか騒ぎながら、部屋の前を何組も通りかかるので、うるさくて仕方ありません。なんかヘリとか飛んでるし。

コンビニに飯を買いに行くために前を通ったら、15年くらい前に近くで火事があったとき以来の人込みでした。


しかしまあなんか、あんまりテレビで鶴見川は「汚い汚い」と連呼するので、なにやら地元原住民としては不快です。

確かに汚い河川ですが、あざらしが目撃されておる大綱橋より下流は、多摩川と比べて「物凄く」汚れておるというほどのモノではないらしいです。それでも多摩川よりは全然汚いのは事実ですが・・・。

早渕川、矢上川と合流することで薄められておるのか、下流に行くほど汚染は弱まるそうで、だいたい、あざらしの目撃されておる辺りより上流からどんどんと汚くなっておるらしい。最も汚染されてる流域と、鷹野大橋近辺の水質は3倍弱ほど数値が違うとかなんとか。

でも、あれでも20年前と比べれば、見違えるほど綺麗になったんだよ? 鶴見川って。

とはいえ随分ましになったとはいえ、あんな落っこちたらドザエモン化確定な河川にいても先が見えるので、早く保護でもなんでもしてやった方が良いかと思いますが。

ま、それはそれとして普段、人が浮いてるとかそんなことでしか話題にならない、鶴見川がこんな牧歌的な話題で埋め尽くされるのも、時にはいいんじゃないでしょうかね。

投稿者 sera : 21:44 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月25日

バイプレイヤー

本日のハロモニで現プッチが久方ぶりの生歌を披露したのですが、改めて後藤真希の存在感は他の面子を大幅に上まっておると感じました。後藤はグループに居るには、大きくなりすぎた。それは娘。という枠に収まりきらないほどに。

かといって今の後藤に松浦のようにピンでやっていけるオーラがあるかは正直疑問ですが、グループから抜けることで彼女のポテンシャルが十分に発揮されれば、とりあえず問題無いでしょう。

翻って圭ちゃんは、バイプレイヤーで居ることに幸せを感じられるならば、娘。内では助演女優賞モノの働きが出来る人だと思うのですが、どうやら主役への夢は諦めきれないらしく、グループ全体の調和という視点でみると、個性とゆうアクが強すぎたように思うのです。

私個人としては圭ちゃんには自分の実力に自信が有るからこそ一歩引いて、縁の下の力持ち的な存在で居て欲しかった。

圭ちゃん(あと矢口もかなあ・・・)は、バイプレイヤーで或る事に、誇りを持てれば、それこそ「保田のあばあちゃん」になるまで頑張れると思うのですよ。

あ、あくまで本分である「唄と踊り」についての話ですよ。「うたばん」等でのいじられがどうこうということではないです。

とゆうことで、表の存在感の後藤と裏の存在感の保田が抜けると言うことは、娘。の存在感というパワーは著しく減退するのでしょうね。

で、ちょっと話が変わりますが。それに関係して。

後藤は自由意思での脱退だそうですから、まあいいとして。圭ちゃんの「来春」という脱退時期の微妙さ。おそらく3月から5月になるのでしょうが、これからの半年間、我々はモーニング娘。の保田圭を微妙な違和感を感じて見守ることになるでしょう。

私は、圭ちゃんのこの発表は全女で言う所の「24歳定年制」の導入の下準備かなあとも勘繰ってたりするわけですが・・・。

よく、事務所は女版ジャーニーズを目指しているんじゃないかと言う憶測がでますが、実際のところはジャニーズと言うよりかは宝塚のほうが近いのではないかと最近思います。

現在、娘。はどう考えても下降線です。少なくとも上昇線を描いてはいない。となると今までのように娘。がハロー全体を引っ張るという構図に先が見えなくなってきておる。ならば、それから脱却して、娘。の位置を下げてでも、他のユニットの梃入れをしてハローの平均点を押し上げるとゆう保険策が今回の大再編劇でしょう。

キッズなりなんなりは、適正があれば、娘。なりその他のユニットなりに迎え入れられ、そして同時に、年長メンバーはユニットから抜け、ソロで活動をし、より制約の少ないかたちでハローに貢献し、貢献できなければ平家さんのように捨てられる。

娘。も含めて、各ユニットは入れ物でしかなくなるのではないか、そんな気がしてなりません。

詳しくは知りませんが、宝塚にも星組とか月組とかそんな感じのグループがありますよね。ハローの各ユニットはまさにそれに当たるようになるんじゃないかなあ。

投稿者 sera : 21:49 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月24日

「バイオハザード」

先行オールナイトで「バイオハザード」見てきましたよ。

ゲームの方は、さわり程度にやって事しかないのでゲームとの相性とかはわかりませんが、普通に、及第点以上の驚かせ系演出のアクションホラー映画だったかと。
すくなくとも、こんなのバイオじゃないみたくな感じにはなってないので、ゲームファンの方も安心して足を運んで戴いて宜しいのではないかと。

ゾンビ映画にありがちな内臓がどうこうみたくな「きもちわるい」描写は全然無かったな。そういえば。 どちらかというと格好良い映画という印象。

余談ですがこの映画、12歳以下は大人同伴じゃないと入場できないらしいのですけれども、入場の際に年齢を尋ねられ元気に「12歳!」と答えて入場を断られた中学生は、子供料金で入場しようとした自分の浅慮を悔いておりました。

投稿者 sera : 21:51 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月17日

「猫の恩返し」

24時間テレビを3倍で録画しつつ、「猫の恩返し」を鑑賞してきましたよ。

「竹本泉の不思議の国のアリス」みたいな感じだなーと思いました。DVD出たら買うんじゃないかなってくらいに僕は好きだけれども、良くも悪くもジブリっぽくない映画。

投稿者 sera : 21:53 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月12日

コミケット3日目。

本日は、或るサークルの売り子をする予定で呼び出されておったのですけれども、さてそろそろ出発しようかと言う段階になってサークル関係者が体調不良で全滅しまして、突然一人で行くことになってしまい、とてもひとりではやっていけないので、今日会場に向かう予定がありそうでなおかつ売り子等の予定の可能性の少ない、あぴさんと風ちゃんに早朝から「突然サークル入場券が余ってしまったので、今日行くなら一般列に並ばずに楽々サークル入場して見ませんか」と悪魔の囁きでなんとか交代要員を確保しまして、ぎりぎり会場で合流。

とりあえず、会場直後に2個所だけ先に巡回させていただきまして、あとは特別行くところも無いので、おニ方には先に好きなように廻って戴いて、戻ってきたら知人のサークルの挨拶回りにでもと思っておったのですが、なにやらあぴさんは周りがメイドやゴスロリ風のコスプレをしたサークルだらけだったせいか、ブースから出て行く気配を見せないのでお昼を廻った頃に知人廻りに出向かせていただきました。

2時間半掛けて挨拶回りを済ませますと、そろそろ会場も閑散としてきましておりましたがさらにもうすこし、まったりしてから退散。

地元までの帰宅に4時間かかりまして、ウチ3時間が会場内の駐車場からの脱出に労しました。なんなんだあれは。

投稿者 sera : 21:54 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月10日

コミケット2日目。

バイトあけなので一時間ほどの仮眠を取りましてから会場へ。

本日の目的地は娘。系サークルのみでありますので、既に午後に差し掛かろうかという時間に地元駅を出発。入場規制も既に解除されておった様で、特に並ぶことも無く入場。西館へ。

特別サークルチェックなどもせずに、まずは、関係サークルの辺りを二廻りほどしてめぼしいサークルを物色し、そんなにコミケット用に資金を用意していないにもかかわらず、結構買いこんでしまいました。前もって「買いたいな」と思ってたサークルさんは1箇所を除いて買うことが出来たので、まあ良かったかなと。

一通り買いこんだ後に、日頃お世話になっておる「娘。コミッカーズ」の管理人、郡司さんのサークルに寄り、御挨拶。

 新刊を購入させていただくと、各メンバーの描かれたバッチが付くので、この表から欲しいバッチを選べとの事。とゆうことであれば、まあ、迷うことなくぶりんこから行くわけですけれども、残念ながら配布終了。そうなると、否応無くハロプロメンバー私的ランキングを脳内で作成せねば成らぬことになるわけで御座いまして、自分の中の中堅メンバーランキングってこうだったんだ、とか思ってみたり。

ちなみに飯田を戴きました。

ココのサークルは新刊が2種出ておったのですけれども、その新刊の表紙が入れ違いで印刷されるというトラブルに見舞われておりまして、本来別売りであったはずの新刊はセット売りに。わたくしも同人誌を出版しておる立場でありますれば、他人事ではありません。是非とも印刷所の皆様方におかれましては、このようなミスの無いようにくれぐれもお願いしたく。

投稿者 sera : 21:57 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月03日

大型カラオケチェーン店

地元駅に新たな大型カラオケチェーン店が開店しておりましたので、行って参りました。や、別にたまたま通りかかったら、開店記念で割り引き価格だったので冷やかしてきただけですけれども。

ココは繁華街みたくな所に行きますと見かけることが出来ますメーカー複合タイプのカラオケ屋であるので、カップリング曲みたいななんとか一つのメーカーにだけ登録されておるような曲ばかり唄いたい人間には有り難い店舗であるかもしれません。

で、開店したばかりで店員の練度がぐだぐだでありまして、まあ、この時点ではその点は我慢するとして、次に来たときもこんな調子だったら、多分、もう行かないだろうなあ。

それはそうと、複合カラオケってこのメーカーのこの曲みたくな選択が出来るのが魅力の一つであると思うんですけれども、各メーカーの個性みたくなモノを知らないので却って迷うのですよねえ。カラオケ通の方。居られましたらメーカーの特徴などを御教授戴けたら有り難くあります。とりあえず、X2000はメロディと字幕のシンクロが駄目なので私は選びませんが。

投稿者 sera : 21:59 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年08月02日

ハロプロ再編。

ハロプロ再編。後藤と保田の娘。からの脱退。平家さんのハロー脱退。

娘。からの脱退に関しては、ハローには残ると言うこともありまして、そんなにショックではないのですけれども、問題は平家さんです。

図らずも、先日のハローのコンサートと娘。のコンサートのチケット予約の案内が来たときに、さんざん悩んだ挙句に娘。のコンサートだと平家さんが居ないからとゆう理由で、あえて娘。のコンサートではなく、(ハローにも娘。は出るしとゆうことで)ハローのコンサートを選んだわけで、平家がいるかどうかで、どちらのコンサートに行くか決めたわけですよ。

そんなわけで、明確な時期は発表されておりませんが、幸か不幸か、これが平家さんを生で見る最後の機会になってしまったのでしょうなあ。

逆に後藤の脱退コンサートには行きそびれることになりましたが。

一応、ファンの方々が平家さんのラストライブを開催させようとゆうことで、頑張っておられる様です。このページで紹介する程度の応援しか私には出来ませんけれども、実現してやってほしいなあと思います。

奢る平家は久しからずと言いますが、平家さんの場合、奢ってないのに久しくなかったよ・・・。

とまあ、平家さんのことについて嘆いていたわけですけれども、実際問題、6年近く活動していて一曲もヒットが無いのにも係らず、現在に至るまで活動できていたという事実はかなり恵まれていたのではないかなあと思います。

幾ら、曲に恵まれてないとか、事務所がやる気が無いとか言っても、普通、デビューして2年もヒットがこなければ、その辺りで表舞台からは消えていなくなるのが普通です。

今回のハロー卒業とゆうのは、事実上のパソナルーム行きみたいなものだと思いますけれども、それでも契約を解除されないだけ穏当な処置なんじゃないかなあ。

先日の発表が保田後藤の脱退発表だけならば、「そろそろ平家を娘。に」とか思ったんだけどなあ。

続きを読む "ハロプロ再編。"

投稿者 sera : 22:02 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月28日

本来の予定の方のハローのライブ

で、本日は本来の予定の方のハローのライブです。当初は河童くんと行く予定でチケットを取ったのですけれども、彼が家庭の事情で行けなくなってしまったので保々下君の友人のN村君と行って参りました。

昨日のコンサートで今日の席の位置を確認しておいたところ、最後列から三分の一くらいの席で御座いましたので、昨日とは逆に大型スクリーンでの鑑賞がメインとなりましたので、どうせ全く見えないのならと、周りに迷惑のかからない程度に気を使いながら、騒ぐ方向で楽しませていただきました。

曲に合わせて体を動かしたりコールしたりしながら、ふと隣を見ますと、友人のN村君も反対側の見知らぬお兄さんも、それはもう幸せそうな顔でコンサートを堪能しておりまして、自分もこんな顔してるのかと一瞬我に返ってしまう事件が発生したりしましたが。

で、昨日ちょっと気になって、今日のコンサートで改めて感じたことなんですけれども、四期メンバーの歌は本当にまずいですなあ。ソロはまあ、良いんだけれども、コーラスとかハモとかが・・・。

「ふるさと」だったと思うんですけれども、主旋律に対して、最初に四期の石川吉澤辻加護がハモを重ねて、次の繰り返しの部分では五期の高橋紺野小川新垣が重ねるんですけれども、コーラスの美しさが雲泥の差。なまじっか同じメロディラインを四期と五期とで別々にハモッたものだから、嫌が応にも比較してしまうわけで。

やはり、初期モーニング娘。の魅力はコーラスにもあったわけですし、まかりなりにも歌手なんだから、アレはまずいよとか思いました。

吉澤と辻は綺麗にハモれる様になれば、かなり広がりの在る音が生まれそうなんだけどなあ。
そもそも13人もの大所帯でありながら、ユニゾンばかりでハモが全然無いと言うのも勿体無いので頑張って欲しいなあと。

ちなみに昨日との違いは、冒頭にキッズの紹介がつんく♂と姐さんの司会で在った事と、ハワイアンはブーが参加しておったということですか。

投稿者 sera : 15:25 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月27日

ハロー・プロジェクト!コンサート2002夏

ジーク・モーニング!のゲルベさんがチケットが余ってるのでどうかと掲示板で誘ってくださったので、折角なので行って来ました。ハロー・プロジェクト!コンサート2002夏。

給料日直後で金が有るとはいえ明日も行くのだぞ?とか、ちょっと自問したりもしましたが、一回くらい二日連続参加も良いでしょう。

今回は、代々木体育館が会場であったので、明治神宮の第一鳥居の前で待ち合わせをしておりましたのですが、少し早く着いてしまったようなので休憩所の喫茶店でくつろいでおりますと、横の座席のビジュアル系バンドとかが好きそうな感じの女子高校生くらいの方々が、「ゴマキは性格悪そう」とか「辻のファンの人って眼鏡掛けたおっさんが多い」とか会場に向かうファンどもを遠めに見ながら批評しておりましたので、「眼鏡を掛けた辻ファンのおっさん」としてはいたたまれなくなってしまったので、休憩所から退散しますとほどなくゲルベさん到着。

既に会場の方にゲルベさんの連れの方が待っておるそうなので、そそくさと会場に向かいます。連れの方は、敷地内に入ってすぐの「保田大明神」ののぼりの近くで待っておると言うこと。

普段は少々引きながら近づかないようにしておる濃ゆいファンの方々ですけれども、この様な活用の仕方があるとは盲点でありました。

で、会場に着きますと凄い人込み。コミケットのコスプレ広場並と言えば判る人には判るでしょうか。

で、あまりの人出に呆然としておると、ほどなく開場になりましたので、チケットの代金を支払い会場内へ。なんと最前列。ステージを隔てるものは柵と機材のみという非現実的なシチュエイションで御座います。

掲示板で「良席です」なんて、あっさり風味のゲルベさんも人が良いと言うか悪いと言うか。

これからも何度かハロー関係のコンサートに行くことも有るとは思いますけれども、恐らくは最前列での鑑賞と言うことは、もう二度と無いであろう事は想像に難くないので、折角の「良席」なのでおもいっきり堪能してまいりました。

プロレス観戦の時なのでもそうですが、普通この様な開場では半分ステージ、半分大型ビジョンという感じになることが多いわけですけれども、今回は全く大型ビジョンを見る必要がありませんでした。

やはり前回、ゲルベさんにお誘いを受けて行ったミュージカルでも「もう二度とこんな近くでライブ見ることは無いだろうな」と思っていたわけですけれども、まさかこんな大会場で、ミュージカルよりもステージが近いという状況に遭遇するとは、思いも寄りませんでした。

ゲルベさんと本来行くはずであった方には、大変申し訳無くも思いましたが。

ミュージカルのときも思ったのですが、紺野は絶対生で見たほうが美人ですよ。うん、なんか本当に「美人」って感じがしました。

辻加護はステージの向こう側に居ることが多くて、あんまりこっちの方に来てくれなくて残念だったんですけれども、そのかわり松浦は本当に目の前で「桃色片思い」の「あ~や、ややや、や、や、や~」の部分をやってくれました。

あの娘は本当に凄いですね。今の娘。に個人で松浦のオーラに対抗できる娘は居ないんじゃないかと思うくらいに凄いです。しかもまだ伸びそうなのが凄いよなあ。

実際、会場の盛り上がりも半端じゃなく、娘。を追いぬくのも時間の問題だなと思えるくらいの盛り上がりようです。

これで、藤本が頑張れば、ハローは当面安泰でしょう。

私は、視力が弱いので肉眼で表情が見えるほどの距離という状況は滅多に無いので、ステージ上の皆の一挙手一投足を焼き付けようというスタンスで鑑賞しておったのですけれども、ゲルベさんは逆に彼女達に存在をアピールすることで今回のライブを楽しむことにしたらしく、何度か反応を戴いたと感涙にむせび泣いておりました。

と言う感じで祭も終わり、ゲルベさんたちは北関東にお住まいなので上野に向かい、食事をしながら本日のことなどを振り返りまして解散致しました。

で、私のほうは折角こっちまで来てしまったので、秋葉に寄りましてコミックマーケットのカタロムの方を買ってから、帰宅の途につきました。

投稿者 sera : 15:28 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月25日

自転車盗難

えー、自宅の前に置いておいた、自転車が盗難に遭いまして、仕方が無いので安めの奴を購入。

自宅の前とは言え、錠くらい掛けないといけないようになってきちゃったんだなあ。

投稿者 sera : 15:31 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月14日

燦燦と西日が照りつける

バイトから帰り燦燦と西日が照りつけるなか、なんとか寝付こうとうとうととし始めたところ、「ガコッ ガコガコッ」と言う異音が発生致しまして、何であろうかと音のする方向に目を凝らしますと、既に使いつづけることに無理があると言われつづけたボロボロの扇風機の首がもげながらも、けなげにハネを廻す音で御座いました。

このまま、西日の照りつける部屋で、一切の避暑器具もなく生きることは困難であると思われるので、眠い目をこすりながら二千円程度の扇風機を新調して参りました。

今度は酷使しすぎて、首からもげるようなことの無い様に、ちょっとくらいは気を付けてみたく思います。

投稿者 sera : 15:35 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月11日

店員をしておる保々下君

出先からの帰りに、地元駅の西口にある例のゲーセンによりますと、何故か店員をしておる保々下君がおりました。

投稿者 sera : 15:36 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月10日

DVD

というわけで、プレイヤーを設置しようとしますと、微妙にサイズが合わなくてビデオを積んである所に置くわけに行かず、仕方ないので当面の間、床に直置きで設置。

直接テレビと繋げ、視聴。PCでみるののさんの10倍綺麗だよ!と思いました。

まあ、うちの古臭いオンボードビデオカード+セレロン366でソフトウェアデコードの再生環境と比較してはいけないのかもしれませんが・・・。

で、直接繋げるよりは、今有るビデオデッキをセレクタとして介して繋げた方が都合が良いので試しに繋げてみたものの、やはりコピーガードが影響しておるようで画面の彩度調整をリアルタイムで延々と弄られ続けておるような画面が表示されるので、ビデオをセレクタとして活用するのは断念。

普通にセレクタ使っても同じ結果になりそうな気がするんですが、その辺はどうなんですかね。

つうわけで、うちにPS2は無いので直接比較は出来ませんが、多分画質はPS2とそんなに変わらないと思われます。個人的には友人の家で見たPS2の画質はちょっとギラギラしてる感じだったのが気に食わなかったのですけれども、わりかし素直な再現をしておる感じでPS2の画面よりも好きです。

ゲームをやる可能性が有る人はPS2やXBOXを購入した方が断然宜しかろうと思いますが、そうでない方におかれましては1万円安くゲーム機よりもやや再生能力の高いプレイヤーが購入できますので、悪くない選択だと思います。

投稿者 sera : 15:40 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月09日

DVDプレイヤーとしてのXBOX

先月の日記でDVDプレイヤーとしてのXBOXに非常に興味を示した私ですけれども、先日のNSNのオフの際にその話をしましたら、「でも、XBOXは再生キットが別売りだからなあ」との驚愕情報が男マンから提出。

キット込みですと、PS2とほぼ同じ価格まで上がってしまう模様でございました。

正直言って、今、毎月発行される娘。関係のDVDを購入するだけで手一杯で、ゲーム機を買ったところで、ソフトを購入しないことは目に見えているので、改めて低価格帯のDVDプレイヤーについて、検討してみました。

まず、BBSなどの情報によりますと、モニタテレビにコンポジット出力端子、もしくはD端子なる接続端子が搭載されており、尚且つサイズが30吋以上である場合は、ゲーム機と専用プレイヤーで能力差が出てくるものの、それ以下の能力のテレビジョンの場合は、モニタの表現能力が追いつかないので、映像の質には差が顕れないということで御座いました。

逆にいいますと、良いテレビジョンを持っておらぬ限り、DVD再生機器なぞ何を購入しても変わらないということらしく。

で、価格帯について検討してみますと、最低ラインは1万5千円前後。現在ポイントが5千円分ほどありますので、実質1万円強で購入できそうで御座いますれば、是は低価格帯の専用プレイヤーを購入しても宜しいであろうという結論に達しましたので、一応、1万8千円以上のプレイヤーが千円引きになるクーポンも持って、某量販店に向かいました。

量販店での最低価格プレイヤーがサムソンのものでありましたがMP3再生機能は無い模様。

どうせならMP3くらいは再生できたほうが宜しいのでとりあえず保留し、もう1つ上の価格に目を向けますと東芝の機械が御座いましたが、とりあえずこちらもMP3に対する記載は見つからず。

さらに上に行きますと、1万8千円台以上でこのあたりになりますと、我々が普通に知っている家電メーカーの製品が出揃い、MP3も普通に対応しておるようでした。

というわけで検討開始。

とりあえず、耐久力のことを考えますと、サムソン、ソニーは心配なので除外しまして、カタログスペックを比較し、いくつかの機器をピックアップしPC売り場に向かいましてWEBで各メーカーの製品サイトやBBSでの評判を比較し、MP3が聞けなくて良いから国内メーカーで一番安い東芝か、MP3も聴ける1万8千円台のパナかアイワかに絞り込みまして、売り場に戻り神が降りてくるまでもんもんと検討。

そもそも、ゲーム出来なくても良いのでXBOXやPS2ではなく専用プレイヤーにする以上、これらから1万円程度の価格差は欲しいわけであります。

しかし価格差を1万以上にするとMP3未対応。出来れば対応プレイヤーが欲しいしとゆう感じでもんもんと悩んでおりましたところ、ふと後ろを見ますとパナのプレイヤーが商品陳列棚よりも安く表示されておるPOPチラシを発見。尚且つ、1万8千円以下なのに千円引きのクーポンも使えるとの事。

あんだけ横並びの価格だったMP3再生可能プレイヤーからパナのプレイヤーが、ぽんと飛び出しまして、さらにクーポンのおかげでMP3未サポートの東芝のプレイヤーよりも安くなると言うことで、いままでもんもんと悩んでいたのはなんだったのだと思いながらパナソニックのDVD-RV32というプレイヤーを購入致しました。

投稿者 sera : 15:41 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月06日

MIB2

MIB2見てきたよ。1よりも安くなってたよ。いろいろと。

1はUFOネタ好き的に、面白いパロディとかも多かったんだけど、2はもう既にそれがMIBに世界になってしまってるのでそうゆう楽しみ方が出来なくなってしまっていて、それが、僕みたいなUFOネタのパロディを期待してる人間には物足りなく御座いました。

パグ犬可愛かったけど。

そういえば、知りすぎた男。ロバート・クーパー博士が最近、謎の死を遂げたそうですね。

投稿者 sera : 15:43 | コメント (0) | トラックバック(0)

2002年07月05日

俺達のフィールド

ワールドカップも終わったからと言う訳ではないですが、村枝賢一の「俺達のフィールド」を今更ながら、いろんな漫画喫茶に寄っては読んでいます。

いやあ、本当にこの人は熱い漫画を描きますね。登場人物の追いこみ方が凄い。しかも、それなりにきちんとけりをつける。島本和彦が勢いだけで押さなくなるとこんな感じなのかなとか思いました。

投稿者 sera : 15:45 | コメント (0) | トラックバック(0)

Recent Entries

Archives

Recent Comments

Recent TrackBacks